MENU

緑内障とはどういったもので、その手術方法と入院期間について

スポンサーリンク

緑内障とは、視野狭窄といって視野が狭くなったり、視野欠損といって部分的に見えないところが出てきたりなどの、視野障害が出てくる病気です。
初期の段階では、中心から離れた部位で、しかも見えない部分はごく小さい範囲なので、この段階で自覚する人は少ないです。
だんだん症状が進んでいくと、一般的には鼻側の上あたりから視野が狭くなっていきます。
そして、中心部分に見えない範囲が広がっていきます。
日本では、失明する原因の第一位がこの緑内障で、40歳以上では20人に1人が患っていると言われています。
緑内障には2種類あり、慢性のものと急性のものがあります。
慢性のものは症状がなかり進行しないと、自覚症状が出ないことがほとんどです。
急性のものは、急激に眼圧が上昇して発症して、頭痛や吐き気、眼痛や充血などの激しい症状が現れます。
診断には、眼圧検査や眼底検査、視野検査が必要となり、症状の自覚がない初期の段階で発見するには、検査がとても重要になってきます。

スポンサーリンク

緑内障は、いったん欠損してしまった視野を取り戻すことはできないので、治療法としては、進行を遅らせることが目的となります。
眼圧を下げる治療が行われます。
治療方法は、薬物療法やレーザー治療があり、薬物療法やレーザー治療で効果が出ない場合、手術を行います。
手術方法は、繊維柱帯を切開し、房水の流れを良くして眼圧を下げたりします。
入院期間は、大体三泊四日から十日くらいの入院になるのが一般的です。
白内障も合併している場合は、そちらの手術も同時に行われることが多いです。
多くの場合は、薬物治療から始めます。
進行具合や眼圧の高さに応じた点眼薬を毎日点眼し、眼圧をコントロールします。
点眼薬には多くの種類があり、また内服薬もあります。
薬物治療で効果が十分に出なかったり視野障害の進行が止まらない場合などには、レーザー治療を行います。
この治療は、痛みが少なく、外来での治療が可能です。
眼圧をコントロールすることがとても大切なので、点眼を忘れずに行ったり、定期的に検診を受けることを忘れないすることがとても大事になってきます。

スポンサーリンク