MENU

早期発見に有効な緑内障検査シート

スポンサーリンク

緑内障とは、視神経に何らかの原因で障害が起きることによって起きる目の病気のことです。
見える範囲が徐々に狭まり、ついには失明してしまうこともあります。
しかし、自覚症状が表れにくい病気でもあります。
初期の段階では中心部分から離れた部分がごくわずかに見えなくなってしまいます。
見えない部分がごくわずかであるために気づきにくく、両目で見えない部分をカバーしてしまうためにこの段階で気づくことは難しいです。
そのために気づいたときには末期の段階であることもよくあります。
日本では失明の原因の第一位として糖尿病性網膜はく離を抜いて、緑内障があげられます。
緑内障の治療方法としては、薬物治療、レーザー治療、手術などがあります。
これらの治療方法は、緑内障の進行を止めるためのものです。
一度失ってしまった視野を取り戻すことはできません。
そのために早期発見が重要となってきます。
忙しくて病院にいくことはできないという人にも自宅で検査をすることができる緑内障検査シートがあります。

スポンサーリンク

緑内障検査シートで異常を感じた場合は速やかに専門家の診察を受ける必要があります。
治療を始めるのが早ければ早いほど緑内障の進行を食い止めることができます。
緑内障検査シートはインターネットでも手に入れることができます。
緑内障検査シート、もしくは緑内障で検索すれば見つけ出すことができます。
検査は右目もしくは左目用に分かれており、一度に両目を検査することはできません。
検査しないほうの目は手などで隠して検査することになります。
視野の欠損を調べるものの他にも様々な質問に答えて緑内障か調べるものもあります。
検査は5分もかからない簡単なものです。
いつでも気軽に検査することができます。
緑内障検査シートはあくまでも簡易検査となっており、ちらつきがあったからといって緑内障でない可能性もあります。
そのために専門家の検査が必要となります。
40歳以上の日本人の20人に一人が緑内障であると推定されるという意見もあります。
緑内障は身近な病気の一つです。
緑内障を確実に予防することができるという治療方法も発見されていません。

スポンサーリンク