MENU

緑内障の目薬の副作用に色素沈着があります

スポンサーリンク

年齢を重ねると目の機能も落ちていきますが、特に気をつけたい病気に緑内障があります。
視神経に障害が起きる病気で、進行していくと視野が欠けたり、一部が見えなくなってしまいます。
重症の場合は失明してしまうこともありますので、変化に気づいたら早めに診察や検査を受け、適切な治療で進行を抑えていきましょう。
初期の頃は変化に気づきにくいので定期的に目の検診を受けておくことも大切です。
緑内障の治療はレーザーや手術で対応することもありますが、初期では目薬で治療が行われることが多くなっています。
一度障害を受けた神経は改善することは難しいですが、眼圧を下げることで病気の進行を抑えていくことができます。
目薬はまずは一種類からはじめ、それでも良い結果が得られない場合は薬の種類を増やしていきます。
そして眼圧が安定してくればそのまま継続していくこととなります。
治療の薬では副作用が出ることもありますので、どのような症状が出るのかも知っておきましょう。

スポンサーリンク

緑内障の目薬の副作用としては使用する薬によっても変わってきます。
まず目が充血するという症状もありますし、まつげが伸びることもあり、この副作用を利用したまつげ育毛剤も登場しています。
そして皮膚についたときは色素沈着が起きることもありますので、こちらも注意しましょう。
色素沈着では目薬を使用した目のまぶたや目の周辺に薬剤がつくと肌が黒ずんでしまいますので、気になる場合はティッシュなどで肌につかないよう肌を守ったり点眼後に洗顔を行うなどで対処しましょう。
目薬をやめるとしばらくすると色素沈着は収まりますが、緑内障の悪化を防ぐためにはやはり薬は必要です。
副作用を防ぐためには正しい使い方をすることが大切ですので、過度に使用したりせず、正しい回数と量を守りましょう。
さらに体質や飲んでいる薬によっても副作用が起こる可能性もありますので、何らかの疾患がある人や治療薬を利用している人は事前に眼科医に相談しておきましょう。

スポンサーリンク