MENU

緑内障の手術にはどんな種類のものがあるのでしょうか

スポンサーリンク

緑内障は中高年におこる代表的な目の病気のひとつです。
その症状は目に入ってきた情報を脳に伝える視神経という器官に異常が起こり、目に見える範囲つまり視野が狭くなるものです。
治療が遅れると失明に至ることもあります。
症状の進行は非常にゆっくりであり、両方の目が同時に進行することが稀なため、病気がかなり進行するまで自覚症状をもたない人が多い特徴をもっています。
その原因といわれているものが眼圧と言われています。
眼圧は角膜と虹彩の間と虹彩と水晶体の間にある透明の液体、房水の圧力のことをいいます。
何らかの原因でこの房水の排出が妨げられることにより、房水の圧力が高まります。
これが眼圧上昇です。
どのように房水の排出が妨げられるかにより、原発と先天と続発緑内障に分類されます。
この病気は眼圧検査と眼底検査および視野検査などにより診断されます。
眼圧検査は直接目の表面に測定機器を装置し測定するやり方と目の表面に空気をあて測定するやり方があります。
眼底検査は視神経の状態を見る検査です。
視野検査は視野の欠損の有無やその大きさからこの病気の進行を調べるものです。

スポンサーリンク

この病気は眼圧を下げることができば、その進行を防止したり遅らせたりすることができる病気です。
治療は薬事療法が基本となります。
現在さまざまな薬効をもった点眼薬が開発せれています。
病気のタイプ、重症度および眼圧の高さなどにより処方されます。
薬事治療のほかレーザー治療があります。
これには二つの種類があり、ひとつは虹彩に孔をあけ房水の流れを変えるものです。
もうひとつが房水の排出を促進するためのレーザー治療です。
これらにともなう痛みは軽微なものであり、通院で対応できます。
薬事療法やレーザー治療によって改善が見られない場合行われる治療として手術を行う外科的療法があります。
大まかにいい、房水を眼外に染み出すように細工する手術と線維柱帯を切開し房水の排出をしやすくするという2つの種類の手術があります。
これらの方法は症状により選択されますが、手術をしても症状が改善するものではなく、あくまでも眼圧を下げて症状の進行を遅らせるものです。
年々手術法も改良され、治療成績も改善してきています。

スポンサーリンク