MENU

白内障の概要と見え方や色、症状について

スポンサーリンク

白内障は目の水晶体が白色に濁る病気です。
その主な原因として加齢が挙げられます。
この加齢による症状を老人性又は加齢白内障と言います。
また、この症状における約3割は加齢による原因ではなく、先天性や外傷性、アトピー、糖尿病等の代謝異常の病気や薬剤や放射線によるものが挙げられます。
そのため、誰でも起こる可能性がある病気と言えます。
この白内障の病気において見え方は進行状況により変化していきます。
まず初期症状の場合はその見え方に変化は現れません。
次に症状が進行していくと目がかすんだり、ぼやけて見にくくなったり、物が二重や三重に見えたり、光がまぶしく感じたりします。
特に晴れた日に光が大変まぶしく感じることがあったり、対向車の車のライトがまぶしく感じることが多くなるため運転時などに支障をきたすことが多くあります。
それに加え、遠くのものが見づらくなり、近視が進行したようになる場合もあります。
さらに少女が進行していくと全体的に白色に濁り、失明の恐れが出てきます。

スポンサーリンク

このような白内障において加齢による原因とその他の原因ではその症状においてつがいがあります。
まず加齢による原因の場合、その進行状況は個人差がありますが、比較的緩やかに進行していきます。
また、加齢の場合は目の水晶体に含まれるたんぱく質が白く硬くなることにより引き起こされます。
また、まれに水晶体が黄色く濁ったり茶色く濁ったりします。
発症の年齢としては早い人で40歳代からと言われていますが、多くの方は80歳代から自覚を持つことが多いです。
次にその他の原因の場合は比較的若い段階20歳代から30歳代で発症することが多くなります。
また、先天性の場合の原因は妊娠時に母体が風疹にかかることで起こるとされています。
その際は生まれた時からとなります。
このように誰でもが起こる白内障ですが、近年では手術や薬剤での治療が可能となっています。
その上、進行状況により日帰りでの手術も可能となっているため、安心できる病気と言えます。

スポンサーリンク