MENU

「眩しい」など、白内障の症状について

スポンサーリンク

眼も、髪や肌と同様に老化していきます。
眼の老化現象としては、瞳の後ろにある透明な「水晶体」の中で、タンパク質が変化して白く濁ってくることがあります。
この状態を「白内障」といいます。
水晶体は、カメラのレンズと同じ働きをしていますので、濁ってしまうと、眼の中に入ってくる光の量が減少してしまいます。
その結果、モノがはっきりと見えなくなってしまうというわけです。
 実は、原因は加齢だけではなく、白内障にはいくつかの種類が存在するのですが、もっとも多いのが加齢性白内障となります。
年齢が上がるにつれ発症率は高くなり、70歳代であれば、ほとんどの人にその症状が見られる病気です。
また、糖尿病の人は、水晶体の混濁のスピードが速くなりますので、40歳〜50歳の人でもこの病気になりますし、アトピーが原因でも発病します。
 少しずつ進行していくことが多いので、発症になかなか気づきにくい病気でもあるのですが、白内障で視力が低下した場合、眼鏡店で眼鏡の度数を調整してもらっても、なかなかうまく度が合いませんので、それがきっかけで病気に気付く方も存在します。
 スポンサーリンク

 白内障の症状については、まず「眩しい」ということが挙げられます。
日中の日射がつらかったり、夜間の車のヘッドライトが眩しく感じます。
ゆえに、車を運転される方は注意が必要です。
また、眼が疲れやすかったり、モノがぼやけて見える、モノが二重に見えるなどの症状があります。
 それほど水晶体の混濁が進んでいない段階では、目薬で進行を予防します。
ただし、目薬は進行を予防するだけであって、混濁した水晶体を透明に戻すことはできません。

症状が進行して視力に影響が出てきた場合には、手術が必要となります。
手術は局所麻酔で行われますので、手術の間はまったく痛みを感じることはありません。
麻酔自体も種類があるのですが、点眼麻酔の場合には、麻酔自体にも痛みを感じません。
また、手術は10分程度の短い時間で終わります。
手術前の準備としては、手術の行なわれる3日前から、抗生剤の目薬を入れるようになります。
それ以外は、何の準備も必要ありません。

スポンサーリンク