MENU

緑内障の禁忌になっている市販薬について

スポンサーリンク

緑内障という病気は目の内部の圧力がおかしくなり、それが原因で視野が狭くなってくるものです。
放っておくと最悪失明することもある怖い病気ですが、この症状には沢山の禁忌の市販薬があります。
使ってはいけない薬としては目薬や風邪薬があり、それ以外でもかなりの数の薬が使えなくなっています。
なぜそのようなことになるのかというと、多くの市販薬には眼圧に影響を与える成分が含まれているからです。
そのため一般の市販薬の多くには、緑内障の人は使わないでくださいと書かれていることがよくあります。
ではこのような薬を利用することは無理なのかというと、実はそうではありません。
この病気には多くの種類があり、その種類によって使える薬のタイプが変わってきます。
そのためこの病気になっても利用できる薬は多く存在し、それは自分の症状によって違ってきます。
どの薬が利用できるのかについては、医師に相談をすれば使えるものを教えてくれます。

スポンサーリンク

緑内障で市販薬が使えない理由として大きいのは、眼圧の上昇が起こることです。
眼圧が上昇するとこの病気は悪化するので、そういう薬を長期間利用していると大きな問題になる事があります。
ただ全ての薬が使えないのではなく使える薬も存在し、そういう事を知っておけば効果的です。
どの薬が使えるのかは医師に聞くとわかりますが、利用できるものは病気の症状によって変わります。
緑内障にはゆっくり眼圧が上がるタイプと、急に眼圧が上がるタイプがあります。
ゆっくり眼圧が上がるタイプの場合は、市販の薬を利用しても問題がないことが多いです。
それに対して急に眼圧が上がる症状の場合はリスクが高く、市販の薬を利用しづらいです。
このように病気の症状によって薬が使えるかどうかが決まっていますが、多くの場合市販の薬は利用が可能です。
市販の薬が利用できないタイプの緑内障にはあまりならないので、問題なく利用できる事も多いです。
ただどれが利用できるのかは専門家でないとわからないですから、利用をする前に医師と相談することは必要です。

スポンサーリンク