MENU

増加している緑内障患者に禁忌な成分はあるのか

スポンサーリンク

パソコンやスマートフォンの普及により、現代人の多くの方が目を酷使しています。
そのため、目の乾きや目のかすれを訴える方が急増しています。
目の乾きやかすれを感じた場合には、目薬を指し目を休息させる必要があります。
もしこの休息を怠ってしまうと、緑内障になる可能性もあります。
年齢に関わらず発症される方が年々増加しており、特に40代を過ぎると発症する確率が高まります。
1度緑内障になってしまうと、完治させることは現代の医療では不可能です。
発症する原因は、目の周りの神経が障害を起こし機能しなくなることにあります。
この機能しなくなった神経を元に戻すことがほぼ不可能であるため、その後視野が欠けたり狭くなったりするのです。
一言で緑内障と言っても多くの種類があります。
眼圧が高くなる典型的なものから、眼圧が上がらないタイプ、他の体の部位などの病気が引き金となるタイプなど、人によってタイプは違います。
多くの種類以外にも、無自覚という大きな特徴があるのです。

スポンサーリンク

緑内障は自覚症状がない病気として知られています。
そのため無自覚のまま過ごしていると、突然目の不調に襲われる病気なのです。
そのため、定期的な検査が非常に重要になります。
特に40代を過ぎた方は、毎年定期的に目の検査を受けることが何より重要です。
最悪の場合には失明する可能性がある病気であるため、重度の症状になってしまう前に早期の治療が必要です。
目が不調でなくても、目の検査を受けるようにしましょう。
治療は目薬の処方による、点眼薬治療が基本となります。
ただし目薬さえ指せばいいものではあいません。
規則正しいを送る必要があります。
多くの病気の原因は、生活習慣の乱れに起因しています。
目の病気も栄養バランスの崩れやストレス、睡眠不足が原因とも考えられています。
そのため、治療をする際だけではなく予防の観点からも、規則正しい生活は非常に重要です。
少し前までは緑内障にはコーヒーなどのカフェインは禁忌の成分と言われていましたが、通常の摂取量であれば問題ないと考えられるようになっています。
またアルコールも適度な量であれば問題ありません。
バランスの良い栄養を摂り、適度な運動をすることが、何よりの治療と予防になるのです。

スポンサーリンク