MENU

緑内障で禁忌になっている風邪薬について

スポンサーリンク

歳を取るとなりやすい病気に緑内障があり、ある以上の年齢になるとこの症状が発生しやすいです。
この病気は目の眼圧が上昇して問題を起こすもので、適切な対処をしないと失明することもあります。
ただ治療法は存在するので、病院などで適切な治療を受ければ治すことは可能です。
またこの病気には禁忌の薬があり、その薬の一つに風邪薬があります。
風邪薬には眼圧を上げる成分が含まれていることがあるので、緑内障の場合は使えないケースが存在します。
ただ全ての薬が使えないわけではなく、問題なく利用できる製品も多くあります。
どの薬を利用していいのかは医師に聞くとよく、相談をすれば利用の出来る薬を教えてくれます。
さらに使えないタイプの薬は風邪薬以外にも存在し、非常に多くの種類の薬が使えなくなっています。
ですのでもしこの病気になった時は、どの薬が利用できるのかについてよく調べるべきです。
利用できるかどうかは説明書に書かれていますし、薬局ならば薬剤師に聞いてみるのもいいです。

スポンサーリンク

目の眼圧が上昇する病気の緑内障になると、眼圧が上昇する成分が含まれた薬を使えなくなります。
そして眼圧を上昇させてしまう薬の種類は多く、風邪薬もその中の一つに入っています。
ではこのタイプの薬を利用することができないのかというと、実はそういうわけではありません。
緑内障には複数の種類があり、薬を飲んでも問題のないタイプの症状もあります。
そういう症状の人ならば安全に利用することができるのですが、自分がそうであるかについては医師に聞いてみるといいです。
緑内障で飲んではいけない薬が多いのは、眼圧が急に上昇するタイプの人です。
この病気には少しづつ眼圧が上がるタイプのものと、何らかのショックて一気に上るタイプのものがあります。
少しづつ上がるタイプならば問題が起きづらいのですけど、急に上昇するタイプの場合はリスクがあります。
急に眼圧が上がるタイプの症状の場合眼圧を上げる風邪薬を飲むと、症状が悪化することがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク