MENU

緑内障の手術の成功率とは

スポンサーリンク

失明の原因第一位で、白内障よりも危ないとされる緑内障は、慢性と急性の2つがあります。
慢性的な方は症状がかなり進み、取り返しがつかないような段階にまでならないと病気だと気づかないそうです。
主な症状は視界に見えない部分が広がるものです。
最初は薄く小さな靄がかかるようになりますが、人間は景色を両目で見る以上、片目にその症状が出てきていたとしても健全なもう一方の片目でカバーしてしまうので、実際には緑内障の症状が出始めているのに気づくこと無く放置してしまうのです。
そしてそのまま病状が悪化し、とうとう健康な方の目でカバーできない程になってから気づくのです。
しかも、視力を失ってしまった範囲は手術をしても視力を得ることは出来ませんので、その部分は失明したという形になってしまうのです。
なので早期に発見することが必要ですが、自分で発見するのは最初に書いたように難しく、気づかないので、しっかりと眼科医に定期健診に行かなければならないのです。

スポンサーリンク

ここで緑内障の原因について書きます。
目の中には房水と呼ばれる体液が満たされており、これによって眼の角膜や水晶体に栄養を補給するとともに、眼圧を保持しています。
眼圧は房水を分泌する量と排出する量のバランスによって調整されているのですが、このバランスが狂うことが原因となって発病するのです。
これが早期発見できたのならば、まずは点眼薬を使ってこの眼圧を調整するのです。
ですがこれで抑制できなければレーザー手術を行なったり、電子メスなどで手術を行います。
これで虹彩に穴を開けて房水の流れを変えたり、房水の排出口である線維柱帯を広げたりするなどをして眼圧を下げるのです。
この手術そのものは成功率は悪くありませんし、失敗するようなことはありませんが、先ほど書いたように手術をすることで治るわけではなく緑内障の進行を抑制したり、眼圧を低くするためにすることであるため、治すと言う意味の成功率は低いのです。
ですが、眼圧が低くなれば症状は治まります。

スポンサーリンク