MENU

視界が欠けたりまぶしいといった症状が出てくる緑内障

スポンサーリンク

緑内障とは、目の中の房水がバランスよく流れなくなることで発症する病気です。
房水が、安定して流れていれば眼圧は保たれ、視界にも異常が生じません。
しかし房水が流れにくくなると、たまってしまうことで眼球内が圧迫されます。
つまり眼圧が高まってしまうのですが、これにより視神経が刺激され、視界に歪みが生じます。
視界の一部が見えづらくなったり、逆にまぶしく見えたりするようになるのです。
圧迫によるダメージを受けた視神経は、自然に回復することはないので、視界も元には戻りません。
そして房水がたまるにつれて眼圧が高まっていくので、症状は強く出るようになってきます。
最初は視界の一部のみが欠けていたという場合でも、徐々に視界の半分ほどが欠けてしまうようになるのです。
最終的には失明する恐れもあるので、緑内障は早期に治療を開始することが大事です。
発症しやすくなるのは40代頃からですが、それよりも若くても発症する可能性があるので、視界に違和感が生じた場合には、眼科を受診する必要があります。

スポンサーリンク

房水がたまってしまうことが原因ですから、緑内障の治療は、房水を減らす効果のある点眼薬でおこなわれます。
その点眼薬を使用することで、房水は作られにくくなったり、流れが良くなって排出されやすくなったりするのです。
点眼薬で効果が出なかった場合には、レーザー治療がおこなわれることもあります。
房水が流れにくくなっている箇所にレーザーを照射して広げることで、流れを良くするという治療です。
また、房水の通り道を作って排出を促すといった手術もおこなわれています。
こういった治療により眼圧が下がれば、視神経は圧迫されにくくなり、視界が欠ける症状やまぶしいといった症状が出なくなってきます。
完全に治るわけではありませんが、進行のスピードがゆっくりになるので、視界を維持しやすくなるのです。
また、緑内障は日常生活に気をつけることで予防することが可能です。
具体的には、長時間同じ姿勢を続けないようにしたり、糖質や脂質の摂取量を控えたりすることが有効とされています。

スポンサーリンク